【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【不眠症の基礎知識】 不眠症とは

日本人の中で、不眠症に悩む人は、5人に1人の割合と言われています。不眠症にかかる人は若い人よりも、中年以降の世代の人に多く見られる傾向にあります。
不眠症は、単に睡眠時間が長い・短いということに関わらず、目が覚めたあとも、頭がぼおっとして眠気が続いて、だるくなったり、ともすれば日常生活にもさしさわりが出てくるような状態になったときに、不眠症と診断される場合があります。目覚めたあとの不快感や体のだるさ、集中力に欠ける、このような症状が頻繁に出始めたら、不眠症にかかっている可能性があります。

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、睡眠はわたしたち人間の成長や、健康を維持する上で、大切なことです。
不眠症にならないためには、毎日規則正しい生活をすること、決まった時間に十分な睡眠時間を確保すること、ストレスをためない生活を心がけることです。睡眠は、睡眠時間を確保することも大切ですが、それ以上に睡眠の質を高めることが重要になります。
1日に7時間睡眠時間をとっていたとしても、朝から昼過ぎで7時間寝る習慣がつくのは、よくありません。仕事の都合上、睡眠時間がずれてしまうことは仕方ありませんが、普段の生活習慣の中で、睡眠時間が不規則になることは、好ましくありません。

布団に入ってから眠りにつくまでの時間が遅い、熟睡ができないなど、寝ようと思っていても、かえって眠れないときがあります。そのような状態が頻繁に続くようであれば、要注意です。不眠症の原因にはいろいろ考えられますが、睡眠の状態が悪くてつらいときは、専門医の診察を受けることも考えておいたほうがいいでしょう。薬を処方された場合は、正しい使用法を守りましょう。

[PR]30代でも生保系の転職先が見つかる方法はココ

【不眠症を自宅で治せる!】 不眠症対策人気ランキング

1位 自己催眠療法による不眠症解消プログラム
・薬は不眠症の解決にはならない!自己催眠療法で不眠症を完治!
・不眠症を解消するために滞在意識に溜まったストレスを取り除く!
・心理療法士として30年かけて作り上げた実際の診療内容を全て公開
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

2位 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法
・不眠治療の第一人者が、病院・薬に一切頼らず今夜から
 ぐっすりと眠れる方法を期間限定で公開中!【各種特典有!】
・2000名以上の人たちが実践し不眠症を克服した実績で人気!
・健康系のテレビ番組などメディア出演も多数!人気上昇中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

1位 不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
・眠りを根本的に改善するセラピスト茶谷清志氏が今までに
 1,000人以上の不眠症の方を見てきて分かった真実を公開!
・心因性の不眠、器質性の不眠など各種症状を全て解決!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる


→不眠症解消 新・自己催眠療法による不眠症解消プログラム



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.