【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【不眠症の基礎知識】 不眠症の原因

不眠症の原因について、考えてみましょう。
不眠症の原因には、さまざまな原因が考えられます。
現代社会は、ストレス社会とも呼ばれているほどで、不眠を訴える人の数は、年々増加する傾向にあります。

不眠症は、従来は中年以降の人によく見られていましたが、若い人にも不眠症は増えているようです。不眠症の原因は、その大半が、精神的・肉体的な疲労やストレスと思われます。
夜更かしをするわけでもなく、布団に入ってもなかなか眠れず、眠れない状態が続くとイライラして、イライラ感が不眠を引き起こして、悪循環になります。
不眠症の原因には、環境的な要因によるものもあります。外で犬が吠えたり、バイクの音や音楽などによる騒音、真夏に暑くて眠れない、冬寒くて眠れないこともあります。中には、夫のいびきがうるさくて、眠れないということもあります。

精神的にストレス状態になると、心配事が気になって眠れないこともあります。心の病にかかり、不安障害やうつ病などの心の病気にかかっている人は、睡眠が悪くなることがあります。
仕事の都合上、交代制で、朝から夕方まで仕事をする日もあれば、夕方から明け方まで仕事をしている人もいます。睡眠時間が不規則になり、体内時計に支障をきたして、時差ボケのような状態になり、不眠を訴えることがあります。

病気を抱えていて、夜眠れない人もいると思います。ぜんそくなどの呼吸器系の病気や、最近頻繁に耳にする言葉ですが、睡眠時無呼吸症候群などが原因で眠れない場合があります。
また、寝る前にコーヒーやお茶など、カフェインの成分が含まれる飲み物を飲むと、眠れないことがあります。就寝前には控えましょう。医師から処方された薬が原因で眠れない場合は、すみやかに主治医に相談しましょう。

[要チェック]>>30代でベンチャー企業へ転身したいあなたへ


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.