【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【不眠症の基礎知識】 不眠症の種類

不眠症の種類について、ご説明しましょう。
不眠症には、いくつかのタイプに分類されています。
不眠症は、入眠障害・早期覚醒・熟眠障害・中途覚醒の4つのタイプに分類されており、その中でもっとも多いのが、布団に入ってからなかなか眠れず、寝付くまでの時間が遅いという入眠障害のタイプです。1度、眠りに入ると、朝までぐっすりと眠れるので、それほど心配はいりません。
入眠障害の原因は、夏の暑さや冬の寒さ、騒音などの原因が絡んでいることが多いようです。精神的なストレスも関係しています。

早期覚醒とは、朝早く目が覚めてから眠れなくなることを言います。高齢者や心の病を患っている人に多くみられます。

熟眠障害とは、熟睡がなかなかできず、全体的に眠りが浅く、性格的に神経質な人や高齢者によくみられます。
中途覚醒とは、睡眠中に、何度も目が覚めて中途半端な眠りの状態になることを言います。布団に入っている時間は長くても、眠りが中途半端なので、熟睡ができず、朝目覚めても、不快感が残ります。

いずれのタイプも、十分に眠れる時間が少なく、眠れないので眠ろうとすると、よけいに眠れなくなることがあります。このような状態が1カ月以上も続くと、長期間の睡眠障害とみなされ、長期不眠と呼ばれています。自分で気付かない間に、うつ病やその他の病気を引き起こしている可能性もあります。
起きているときは、倦怠感・疲労・イライラ感を催すことがあるので、十分な注意が必要です。
就寝前のお茶やコーヒーなど、カフェインが含まれている飲料は極力避けましょう。
睡眠不足が続くようなときは、我慢しないで、すみやかに専門医の診察を受けましょう。まずは、不眠の原因を知ることが大切です。

【不眠症を自宅で治せる!】 不眠症対策人気ランキング

1位 自己催眠療法による不眠症解消プログラム
・薬は不眠症の解決にはならない!自己催眠療法で不眠症を完治!
・不眠症を解消するために滞在意識に溜まったストレスを取り除く!
・心理療法士として30年かけて作り上げた実際の診療内容を全て公開
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

2位 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法
・不眠治療の第一人者が、病院・薬に一切頼らず今夜から
 ぐっすりと眠れる方法を期間限定で公開中!【各種特典有!】
・2000名以上の人たちが実践し不眠症を克服した実績で人気!
・健康系のテレビ番組などメディア出演も多数!人気上昇中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

1位 不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
・眠りを根本的に改善するセラピスト茶谷清志氏が今までに
 1,000人以上の不眠症の方を見てきて分かった真実を公開!
・心因性の不眠、器質性の不眠など各種症状を全て解決!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる


→不眠症解消 新・自己催眠療法による不眠症解消プログラム



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.