【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【寝具で不眠症改善対策】 不眠症と枕の関係

不眠症を改善する方法について、考えてみましょう。
不眠症の原因のひとつに、普段使用している枕や布団が合わない場合があります。
枕の種類は多数ありますが、くぼみがない枕は、頸椎を支える高さが足りないため、あごの部分が下がり、睡眠にも悪影響を及ぼすことがあります。
また、頸椎にもよくありません。姿勢が悪くなり、肩こりの原因にもなります。
素材がフワッとして全体的に柔らかい枕は、頭を乗せたときにそのままへこんでしまいます。枕には、ある程度の弾力性が必要です。

背が高すぎる枕は、首の筋肉が緊張して、首全体に負担がかかり、首の部分にシワができやすくなり、肩こりの原因になります。かといって、低すぎる枕もよくありません。枕が低すぎると、首や背骨に服影響を及ぼすことがあります。中には、寝るときに枕を使わない人がいますが、首や背骨の健康上、あまりおすすめできません。人によっては、坐骨神経痛になることもあります。枕が合わないと、不眠症の他にも、健康上のさまざまな影響を及ぼすことがあるので、要注意です。

安定した睡眠には、寝具の中でもとくに枕の選び方は大切です。
枕は、ビーズやパイプ枕、低反発枕など、さまざまな種類のものが販売されています。あまり高価な枕を買い求める必要はありませんが、手に触れてみて、適度な弾力性がある枕を選ぶといいでしょう。

睡眠は、わたしたちが成長して健康維持に必要不可欠なものです。睡眠・栄養・運動このバランスをよくすることが健康維持につながります。よい睡眠をとるには、安定した環境が必要で、枕や布団選びは重要ポイントになります。
不眠症と枕が深い関係にあることが、十分おわかりいただけましたでしょうか。

[要チェック]>>沖縄に限定して薬剤師の求人を見つけたい方へ


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.