【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【寝具で不眠症改善対策】 掛けふとん

寝具には、敷布団と枕、そして掛けふとんがあります。どの寝具も安眠のためには必要不可欠なものです。
睡眠の仕組みについて、簡単にご説明しましょう。
わたしたちが横になって寝ている間は、次第に体温が低下します。そして、無意識に汗をかいています。

とくに、体が汗ばんでいないようでも、とくに夏の暑い時期には、睡眠中に汗をかくことが多く、通気性が必要です。
冬は寒いので、布団にある程度の保温性が必要になります。
つまり、通気性と保温性がある布団が理想的ですね。
冬に電気毛布を使う人もいることと思いますが、健康の観点から電気の熱を長時間あびることは、あまりおすすめできません。

ま睡眠中に、寝がえりをうつことがありますが、これは寝ている最中にしていることで、とくに意識しているわけではありません。寝返りをうつことは、筋肉の疲労を防止する役割を果たしています。寝返りをうつことで疲れをとる作用があるということですね。
寝返りをうっても、負担にならない軽い布団が理想的です。

掛けふとんは、床についてから朝目覚めるまで、ずうっとかぶっている状態なので、重いものは避けたほうがいいでしょう。綿のふとんは、厚みがあり、冬はあったかいようにみえますが、重くて体に負荷がかかってしまいます。その点、羽毛布団なら、軽くてあったかく、体に負担をかけることがありません。自然な安眠を促します。

不眠症に悩まされる人の場合、枕が合わない、布団が重くて合わないということがよくあります。羽毛布団のように、布団の重量が軽いと、布団の上げ下ろしの作業も大変楽になりますね。羽毛布団にもさまざまな種類のものがありますが、自分に合った寝具を選ぶといいでしょう。

【不眠症を自宅で治せる!】 不眠症対策人気ランキング

1位 自己催眠療法による不眠症解消プログラム
・薬は不眠症の解決にはならない!自己催眠療法で不眠症を完治!
・不眠症を解消するために滞在意識に溜まったストレスを取り除く!
・心理療法士として30年かけて作り上げた実際の診療内容を全て公開
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

2位 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法
・不眠治療の第一人者が、病院・薬に一切頼らず今夜から
 ぐっすりと眠れる方法を期間限定で公開中!【各種特典有!】
・2000名以上の人たちが実践し不眠症を克服した実績で人気!
・健康系のテレビ番組などメディア出演も多数!人気上昇中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

1位 不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
・眠りを根本的に改善するセラピスト茶谷清志氏が今までに
 1,000人以上の不眠症の方を見てきて分かった真実を公開!
・心因性の不眠、器質性の不眠など各種症状を全て解決!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる


→不眠症解消 新・自己催眠療法による不眠症解消プログラム



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.