【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【安眠と入浴とストレス解消】 入浴で自然な安眠を促す

不眠症の解消対策として、自宅でできる改善・対策を考えてみましょう。
疲れているのに、気が高ぶってしまってよく眠れない、誰にでもそんな経験はあることと思いますが、その状態が何日も続くと、健康状態にも悪影響を及ぼすことがあります。
わたしたちが、毎日の生活習慣の中で取り入れている入浴は、自然な安眠を促すのにとても効果的です。

お風呂に入ると、1日の疲れがとれて、血液循環がよくなり、リンパの流れもよくなります。体全体がほぐれて、肩こりや腰痛などもすっきりします。
入浴は、就寝前がグッドタイミングです。
とくに、冬の寒い時期には、お風呂にゆっくりとつかって、ぽかぽか体の芯まであったまると、心地よい眠りに誘われます。不眠症になる人は、神経がなかなか休まらず、常にイライラしていることが多いようです。入浴すると、副交感神経など、脳の神経も鎮まり、心がおだやかになれます。

入浴直後は、体温が上昇しますが、次第に温度が下がります。元の体温に戻る少し前ぐらいが、もっとも心身がリラクゼーションされた状態になります。入浴後は、少し体温が下がったぐらいのときに、布団に入るといいでしょう。静かな音楽を聴きながら、アロマランプをつけたりすると、自然な安眠を促します。

夜寝る前に、コーヒーやお茶を飲むと、カフェインが含まれているので、眠れなくなることがあるので、避けたほうがいいでしょう。ラベンダーやカモミールなどのハーブティーは、心地よい眠りを促すのに効果的で、香りも癒されますね。ヨーロッパでは、メディカルハーブと言って、ハーブが不眠症の治療に使われているそうです。
就寝前は、心を鎮められるように工夫すること、それが不眠症改善対策になります。

[推奨サイト]主婦がカードローンをしたい場合に注意すべきポイントは?!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.