【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など

【安眠と入浴とストレス解消】 入浴とリラクゼーションと安眠

入浴をしてから、1〜2時間後に布団に入るのが、安眠を自然に促すのにいいタイミングです。入浴をしたあとには、体温が上昇しますが、お風呂のお湯によって、体の外から温められたので、入浴後は次第に体温が下がってきます。
体温が下がる時間は、入浴後1〜2時間後になります。この時間をみはからって、布団に入るといいでしょう。

仕事の帰りが遅くて時間がないからと言って、毎日シャワーだけですませるのはよくありません。シャワーのお湯をあびても、体の芯まであたためられることはなく、瞬間的に熱をあびただけで、体温がすぐに下がってしまいます。
体温は、少しずつゆっくり下がり始めると、自然に眠気をもよおすようになります。このときが最高のリラクゼーション・タイムになります。

入浴の温度は、夏は37 〜 38度、冬は39 〜 40度程度が理想的です。できれば半身浴がオススメですね。半身浴は、心臓に負担をかけずに、ぬるめのお湯なら20〜30分間、じっくりと入ると、体全体が温まり、新陳代謝がよくなります。入浴するときには、自然塩をひとつまみ入れてみましょう。塩は、体を温めてくれる作用があります。足がむくんでいるときは、自然塩をそのまますりこむと、より効果的です。

入浴は、究極のリラックス・タイムです。防水ラジオや音楽プレーヤーなどで音楽を聴くのもいいですね。入浴剤を入れて、香りを楽しんでもいいでしょう。
入浴時間が長いと、体内から水分が失われるので、入浴する前にコップ1杯程度のお水を飲んでおくといいでしょう。血液サラサラになり、体内の老廃物をスムーズに排出を促してくれます。
不眠症に悩む人は、毎日の入浴を工夫してみるといいでしょう。きっと改善されるはずです。

【不眠症を自宅で治せる!】 不眠症対策人気ランキング

1位 自己催眠療法による不眠症解消プログラム
・薬は不眠症の解決にはならない!自己催眠療法で不眠症を完治!
・不眠症を解消するために滞在意識に溜まったストレスを取り除く!
・心理療法士として30年かけて作り上げた実際の診療内容を全て公開
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

2位 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法
・不眠治療の第一人者が、病院・薬に一切頼らず今夜から
 ぐっすりと眠れる方法を期間限定で公開中!【各種特典有!】
・2000名以上の人たちが実践し不眠症を克服した実績で人気!
・健康系のテレビ番組などメディア出演も多数!人気上昇中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

1位 不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
・眠りを根本的に改善するセラピスト茶谷清志氏が今までに
 1,000人以上の不眠症の方を見てきて分かった真実を公開!
・心因性の不眠、器質性の不眠など各種症状を全て解決!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる


→不眠症解消 新・自己催眠療法による不眠症解消プログラム



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【不眠症@情報館】 - 対策・治療・原因・改善など All Rights Reserved.